第40回記念大会「日本スリーデーマーチ」

東松山, その他, 文化, 体験, 遊ぶ, 観る

東松山駅前にはスリーデーマーチの銅像「歩夢(あゆむ)ちゃん」が建てられています

~今年で40年、269万の人々が東松山を巡る~

「スリーデーマーチ」と聞いて、みなさまは何を思い浮かべるでしょうか?
「スリーデー」は3日間、「マーチ」は行進などですよね。
言葉のとおり、このイベントは3日間のあいだに多くの参加者の方々と歩きに歩く、「ひたすら歩く!」イベントなのです。

「ひたすら歩く!」といっても「どこを?」「そもそもなんで歩くの?」なんて思うかもしれません。
そこの部分については、歴史を辿っていくと見えてきますよ。

“あの感動を日本で” 多くの方に知ってもらいたかった

そもそもの始まりは、1978年(昭和53年)に群馬県新町(現高崎市)で行われたスリーデーマーチでした。
その前年に、オランダで開催された「国際フォーデースマーチ」に日本チームが参加した際、ヨーロッパの田園地帯を歩きに歩く、その素晴らしさに感動した事がきっかけとなり、そこから「新町歩く会」の提唱に応じて“あの感動を日本で”と始めたものです。
その後、第3回大会からは、開催地を東松山市へ移し、多くの人々に支えられ、いまでは世界有数の国際ウォーキングイベント大会へと成長していきました。

今年の開催は11月3・4・5日に決定!

商店街の中もこどもたちといっしょに歩きます

早くも開催日程が決まったようです。
今年は11月の3日(祝)4日(土)5日(日)に開催予定なので、ご家族やご友人と参加してみるのも良いかもしれません。
歩く舞台は「深谷市」「熊谷市」「東秩父村」「小川町」「嵐山町」「東松山市」「滑川町」「吉見町」「川島町」「鳩山町」「ときがわ町」「越生町」の12箇所の市町村となっています。
選べる距離も「5㎞」「10㎞」「20㎞」「30㎞」「40㎞」「50㎞」と初心者から上級者の方まで楽しめる内容です。

コースの全容・梨や豚汁も食べられます

もっと詳しく知りたい方は公式ホームページへ足を運んでみて下さいね。

これを機に新しい出会いや、出来事が訪れることを願います(^-^)